トップページ

タイトルバナー



 アグニ(火神)!


アグニは、木材と樹脂を混ぜて作った新素材ですが、 このページでは、アグニの特徴、材質、価格、保管方法や、 アグニを通販で買う場合のアドバイスなどについて説明しています。

【目次】
・基本情報!
・材質!
・価格!
・保管方法!
・アドバイス!


  基本情報!


アグニ

四角2

アグニとは!


アグニは、赤彩樺(あかさいか)とも言われますが、 彩樺を赤く着色したものです。

ですので、アグニの素材は、彩樺と同じです。

また、アグニは、女性に人気のある素材です。

ところで、アグニは、北方寒冷地が産出地のバーチ材(真樺(まかば))に、 フェノールレジン樹脂を含浸させ、高圧加熱処理してできる新素材です。

アグニは、高圧加熱処理により、安定した品質です。

この処理により、アグニは、硬度、耐久性が高いです。

また、アグニは、木材よりも、ひび割れや、反りや、歪みが少ないです。

アグニの原料のバーチ材は、フローリングや、壁面や、天井や、家具などに使用されています。

また、アグニは、天然の縞模様の木目が特徴的です。

また、アグニは、フェノールレジン樹脂を使っていますが、 見た目は、プラスチックっぽさは、ほとんど感じないようです。

また、アグニは、素材が木材ですので、朱肉の油、乾燥、湿気には弱いです。

ところで、アグニの多くは、間伐材を使っていますので、 アグニの印鑑を作っても、自然環境を壊しませんから、 アグニの印鑑を使うことが、エコロジーになります。

また、アグニの材料は、1本の木から、多く採れますので、 アグニを作ることは、資源の有効活用になっています。

また、アグニの素材であるバーチ材は、日本で採れるので、 素材が入手しやすいことから、アグニは、比較的、低価格です。


  材質!


アグニ2

全ての印材の中で、木材だけの素材の印材は、比較的、 強度や耐久性は、低い方ですが、 アグニは、高圧加熱処理により、硬度、耐久性が高いです。

また、アグニは、高圧加熱処理により、木材だけの素材の印材よりも、 ひび割れや、反りや、歪みが少ないです。

しかし、アグニは、素材の1つが木材ですので、直射日光、乾燥、湿気、 朱肉の油には、弱いです。


  価格!


アグニの価格を調べて、表にまとめました。

通販サイト名 アグニの価格
(個人実印(16.5mm))
ハンコヤドットコム 6,100円(税込)
Inkans.com 5,900円(税込)
はんこdeハンコ 5,080円(税込)
いいはんこやどっとこむ 4,580円(税込)
ハンコヤストア 4,880円(税込)
平安堂 14,904円(税込)
印鑑の匠ドットコム 3,480円(税込)

アグニの平均価格は、だいだい6,400円(税込)でした。

アグニの平均価格は、彩樺の平均価格とだいたい同じでした。


  保管方法!


保管方法2

印面に、朱肉が詰まっている状態で押印すると、 印影が印面の形通りにならない場合が考えられます。

ですので、印鑑の使用後は、朱肉を、ティッシュや、乾いた布などで拭いた方が良いです。

また、木材の印鑑は、朱肉の油に弱いですので、 印鑑の使用後は、しっかり拭いた方が良いと思います。

また、印鑑を保管する場合は、印鑑を落下の衝撃などから守るために、 印鑑ケースを使った方が良いと思います。

保管方法1

また、木材の印鑑は、直射日光、乾燥、多湿に弱いです。

ですので、木材の印鑑を保管する場合は、 直射日光から避けるためにも、 印鑑ケースで保管した方が良いと思います。


  アドバイス!


先生

印鑑を購入する場合は、店舗で購入する方法と、通販で購入する方法がありますが、 通販で購入する場合は、店舗で購入する場合よりも、かなり割安で購入することが出来ます。

しかし、その反面、購入の申し込み時に、実物の印材を見て確認することが出来ません。

通販で購入する場合と店舗で購入する場合の違いについて、 詳しく知りたい場合は、「ネット購入と店舗購入の違い!」のページを見るとわかります。

ところで、アグニの印鑑は、牛角や、一部の貴石の印鑑と違って、 同じサイトの同じ商品において、1つ1つの印材の模様や色に、 それほどの大差はないと思いますので、
アグニの印鑑を、通販で購入する方法は、価格が安くなりますし、良い選択だと思います

また、アグニは、強度、耐久性が高いですが、価格も、比較的安価なので、
アグニは、安価で、丈夫な印鑑が欲しい方におすすめです

また、アグニは、間伐材を使っていますし、 資源を有効活用して作られていますので、 アグニを使うことは、エコロジーになります。

ですので、
アグニは、エコロジーに貢献したい方におすすめです

また、アグニは、彩樺を人工的に着色したものですので、 販売サイトによって、アグニの色が違います。

ですので、アグニを購入する場合は、それぞれの販売サイトのアグニの画像を見て、
自分の好みに合った色のものを販売しているサイトを選ぶと良いと思います


ランキングバナー

Copyright (C) 2016 印鑑君こんにちは!〜印鑑通販ガイド〜, All rights reserved.