トップページ

タイトルバナー



 ブルークォーツ(青水晶)!


ブルークォーツは、美しい印材だと思いますが、 このページでは、ブルークォーツの特徴、材質、価格、保管方法や、 ブルークォーツを通販で買う場合のアドバイスなどについて説明しています。

【目次】
・基本情報!
・材質!
・価格!
・保管方法!
・アドバイス!


  基本情報!


ブルークォーツ

四角2

ブルークォーツとは!


ブルークォーツは、水晶に、針状のトルマリンが入ってるものの事を言いますが、 水晶に人工的に着色した、透明なものもあります。

天然のブルークォーツは、不透明です。

下のブルークォーツは、透明タイプのブルークォーツです。

ブルークォーツ(透明)

ブルークォーツ3

ブルークォーツは、天然の不透明のものや、 透明なものがありますが、どちらも美しいと思います。


  材質!


ブルークォーツ2

天然石・貴石は、硬度が高い場合が多いですが、 靭性(粘り強さ)が低いので、 天然石・貴石の印鑑は、全体的に、割れたり、欠けたりしやすいです。

また、ブルークォーツは、紫外線によって、退色しますので、 直射日光は、避けた方が良いです。

しかし、ブルークォーツは、水晶の一種ですので、 水や塩分に強いです。


  価格!


ブルークォーツの価格を調べて、表にまとめました。

四角2

不透明のブルークォーツ!


通販サイト名 不透明のブルークォーツの価格 (個人実印(16.5mm))
印鑑の匠ドットコム 21,600円(税込)



四角2

透明のブルークォーツ!


通販サイト名 透明のブルークォーツの価格
(個人実印(16.5mm))
Inkans.com 9,800円(税込)(15mm)
ハンコヤストア 39,800円(税込)
平安堂 32,853円(税込)(15mm)
SUPERHANKO 9,360円(税込)

透明のブルークォーツの平均価格は、だいだい23,000円(税込)でした。

透明のブルークォーツは、安く販売しているサイトでは、1万円を切る価格です。


  保管方法!


保管方法2

印面に、朱肉が詰まっている状態で押印すると、 印影が印面の形通りにならない場合が考えられます。

ですので、印鑑の使用後は、朱肉を、ティッシュや、乾いた布などで拭いた方が良いです。

また、木材の印鑑は、朱肉の油に弱いですので、 印鑑の使用後は、しっかり拭いた方が良いと思います。

また、天然石・貴石の印鑑は、全体的に、割れたり、欠けたりしやすいので、 印鑑を保管する場合は、印鑑を落下の衝撃などから守るために、 印鑑ケースを使った方が良いと思います。

保管方法1

また、ブルークォーツの印鑑は、直射日光に弱いです。

ですので、ブルークォーツの印鑑を保管する場合は、 直射日光から避けるためにも、 印鑑ケースで保管した方が良いと思います。


  アドバイス!


先生

印鑑を購入する場合は、店舗で購入する方法と、通販で購入する方法がありますが、 通販で購入する場合は、店舗で購入する場合よりも、かなり割安で購入することが出来ます。

しかし、その反面、購入の申し込み時に、実物の印材を見て確認することが出来ません。

通販で購入する場合と店舗で購入する場合の違いについて、 詳しく知りたい場合は、「ネット購入と店舗購入の違い!」のページを見るとわかります。

ところで、ブルークォーツの印鑑は、 不透明のものの場合は、同じサイトの同じ商品において、 1つ1つの印材の模様や色に、違いがあります。

ですので、ブルークォーツの印鑑を、
通販で購入した場合に、自分のイメージや好みと、全然違うものになる場合が考えられますので、 注意が必要です。

また、印鑑は、実印用として使う場合に、 本人が居住している市区町村役場に実印登録する必要がありますが、 市区町村役場によっては、天然石・貴石の印鑑は、実印登録できない場合がありますので、 注意が必要です。

ですので、天然石・貴石の印鑑は、実印用として使いたい場合は、 事前に、実印登録出来るのかどうなのかについて、調べた方が良いと思います。

また、天然石・貴石の印鑑は、全体的に、割れたり、欠けたりしやすいので、
天然石・貴石の印鑑を使用する時は、破損しないように、十分に注意する必要があります

また、ブルークォーツは、 美しい印材だと思います。

ですので、ブルークォーツは、美しい印鑑が欲しい方におすすめです


ランキングバナー

Copyright (C) 2016 印鑑君こんにちは!〜印鑑通販ガイド〜, All rights reserved.