トップページ

タイトルバナー



 木材!(印鑑の素材)


木材の印鑑には、多くの種類がありますが、 このページでは、それぞれの木材の印鑑について、簡単に説明しています。

【目次】
・アカネ(柘)!
・薩摩本柘!
・白檀(びゃくだん)!
・黒檀(こくたん)!
・彩樺(さいか)!
・アグニ(火神)!
・玄武(げんぶ)!
・楓(かえで)!
・オノオレカンバ(斧折樺)!
・智頭杉(ちづすぎ)!


  アカネ(柘)!


アカネ

アカネは、人気印材の薩摩本柘に似ていますし、 とても安価な印材ですので、薩摩本柘の代用品と言えると思います。

アカネの色は、薩摩本柘よりも、少し、濃いですが、 とても美しい印材だと思います。

アカネ(柘)の詳しい説明は、こちら


  薩摩本柘!


柘

薩摩本柘は、とても人気のある印材です。

薩摩本柘は、色や木目模様がとても美しいと思います。

また、薩摩本柘は、とても安価です。

薩摩本柘は、おすすめの印材です。

薩摩本柘の詳しい説明は、こちら


  白檀(びゃくだん)!


白檀

白檀は、爽やかで甘い香りがする香木です。

白檀は、有名ブランドの香水にも使われています。

また、白檀は、希少価値がとても高いので、 木材の印材の中では、とても高額です。

白檀の詳しい説明は、こちら


  黒檀(こくたん)!


黒檀

黒檀は、とても良質な木と言われていますが、 家具や建築材や楽器などで使われています。

黒檀は、とても重い木で、水に入れると、沈むものもあります。

黒檀は、黒くてカッコイイと思いますので、男性におすすめです。

黒檀の詳しい説明は、こちら


  彩樺(さいか)!


彩樺

彩樺は、木材と樹脂を混ぜて作った新素材です。

彩樺は、硬度、耐久性が高いです。

また、彩樺の材料は、間伐材や端材ですので、 環境に良いエコロジーな印材です。

彩樺の詳しい説明は、こちら


   アグニ(火神)!


アグニ

アグニは、赤彩樺とも言われますが、 彩樺を赤く着色したものです。

アグニは、赤い色をしていますので、女性におすすめです。

アグニの詳しい説明は、こちら


   玄武(げんぶ)!


玄武

玄武は、黒彩樺とも言われますが、 彩樺を黒く着色したものです。

玄武は、黒い色をしていますので、男性におすすめです。

玄武の詳しい説明は、こちら


  楓(かえで)!


楓

楓は、彩樺と同じように、木材と樹脂を混ぜて作った新素材です。

楓に使われている木材は、メープルウッドなどですが、 メープルウッドは、野球のバットに使わていますので、 とても硬いです。

楓は、彩樺と同じようにエコロジーな印材です。

楓の詳しい説明は、こちら


  オノオレカンバ(斧折樺)!


オノオレカンバ

オノオレカンバの漢字は、「斧折樺」と書きますが、 斧が折れるほどに、硬い木、ということで、この名前が付きました。

オノオレカンバの価格は、薩摩本柘と同じくらいですので、とても安価です。

オノオレカンバの詳しい説明は、こちら


  智頭杉(ちづすぎ)!


智頭杉

智頭杉の原木は、比較的、柔らかい木ですが、 印鑑用の智頭杉は、木材を水と熱だけで、圧密加工していますので、 硬度が高く、耐久性に優れた素材になっています。

智頭杉は、模様が特徴的だと思います。

智頭杉の詳しい説明は、こちら


Copyright (C) 2016 印鑑君こんにちは!〜印鑑通販ガイド〜, All rights reserved.