トップページ

タイトルバナー



 割印とは!


このページでは、割印の意味や、用途や、目的や、方法などについて説明しています。


  割印とは!


割印

割印とは、書類の正本と副本や、原本とその写しのように、 2つ以上の書類に対して、関連性がある場合や、同一の場合に、 両者をまたがって押印する事やその印鑑です。

例えば、領収書を作る時に、領収書とその控えに割印する場合がありますし、 同一の契約書を作った時に、それらに割印する場合があります。

また、割印をする時は、書類の当事者全員が、押印する必要があります。

割印をする目的は、 書類の文章が改ざんされたり書類を偽造されたりするのを防ぐためや、 同一の機会に作成されたことや同一の書類であることを示すためや、 書類に関連性があることを示すためや、 3枚目の書類が存在しないことを示すためなどです。

割印の方法は、各書類をピッタリ重ね合わせてから、 縦横にそれぞれ、ずらして、各書類をまたぐように押印します。

先方に、書類を渡す時は、マナーとして、 割印した書類のうちの、印鑑が上半分になっている方を渡します。

割印の方法

領収書の場合は、領収書とその控えにまたがって押印します。

割印の方法2

また、収入印紙・切手に押印することを消印と言いますが、 消印は、書類と収入印紙・切手をまたぐように押印しますので、 割印の1種です。

ところで、割印する場合に使う印鑑は、一般的には、 特に決まっていませんが、書類に捺印した印鑑を使う場合や、 割印専用の印鑑を使う場合などがあります。


ランキングバナー

Copyright (C) 2016 印鑑君こんにちは!〜印鑑通販ガイド〜, All rights reserved.