トップページ

タイトルバナー



 認印(法人)とは!


このページでは、法人の認印の意味や、役割などについて説明しています。


  認印とは!


認印(法人)とは、法人実印以外の法人の印鑑です。

印鑑サンプル

ですので、銀行印(法人)や角印(法人)も認印(法人)の1つです。

しかし、一般的には、法人実印と銀行印(法人)と角印(法人)と認印(法人)は、 区別されている場合が多いです。

ところで、会社では、契約書、請求書、領収書、発注書、見積書などで、 日常的に印鑑を使いますが、その場合に、認印(法人)が使われます。

実印(法人)や銀行印(法人)は、日常的に使いますと、セキュリティの問題がありますし、 印面が摩滅したり、破損する場合がありますし、 紛失する可能性が高まりますので、 日常的に使う印鑑は、実印(法人)や銀行印(法人)以外を用意した方が良いと考えられます。

ですので、日常的に使う印鑑には、認印(法人)が使われているのです。

また、日常的ではなくても、法人実印を極力使いたくない場合は、 認印(法人)が、法人実印の代用として使われる場合があります。

ところで、認印(法人)のサイズは、法人実印よりも少し小さくする場合が多いようです。

認印(法人)のサイズは、16.5mm前後が多いようです。

また、認印(法人)の書体は、篆書体(てんしょたい)や印相体(吉相体)が多いです。


  認め印のサンプル!


通常は、法人実印と同じように、 二重丸になっていて、内側の円の内側には、 「代表取締役印」や「代表取締役之印」や「代表者印」などの言葉が入り、 内側の円と外側の円の間には、会社名や商店名などが入ります。

認印(法人)の印鑑サンプル


ランキングバナー

Copyright (C) 2016 印鑑君こんにちは!〜印鑑通販ガイド〜, All rights reserved.