トップページ

タイトルバナー



 角印(法人)とは!


このページでは、法人の角印の意味や、役割などについて説明しています。


  角印とは!


角印(法人)は、印面が正方形や長方形の印鑑です。

角印(法人)

角印(法人)は、会社印、社印とも呼ばれます。

角印(法人)には、通常は、法人名(会社名)のみが縦書きに彫られています (法人名と法人所在地の両方が彫られている場合などもあります)。

しかし、文字のバランスが良くない場合には、 「〜印」、「〜之印」などの文字を追加する場合があります。

角印(法人)は、契約書、請求書、領収書、発注書、見積書などで、 日常的に使う印鑑なので、 個人で使う認印のような役割があります。

また、角印(法人)は、頻繁に使うと思いますので、 その場合は、印鑑の素材は、 対磨耗性や耐久性のあるものが相応しいと考えられます。

角印(法人)は、実印(法人)や銀行印(法人)以外で使用する場合は、 印鑑登録をする必要はありません。

ですので、大きさや書体などの指定はありません。

また、角印(法人)の代わりに、実印を使うことはできますが、 一般的には、角印(法人)と実印は、別々に作ります。

また、角印の形状をしたシャチハタ印もあります。


ランキングバナー

Copyright (C) 2016 印鑑君こんにちは!〜印鑑通販ガイド〜, All rights reserved.