トップページ

タイトルバナー



 印鑑証明(個人)とは!


このページでは、印鑑証明や、 印鑑証明書の発行方法や、 印鑑証明書を使用する時について説明しています。

【目次】
・印鑑証明とは!
・印鑑証明書の発行方法!
・印鑑証明書を使用する時!


  印鑑証明とは!


印鑑証明(印鑑証明書、印鑑登録証明書)とは、登録した印鑑の印影と、 登録者の名前・住所・生年月日などを示したものです。

印鑑証明書

印鑑証明をすることで、捺印された印鑑が本人のものであることや、 書類の作成者が本人であることを、確かめる事ができます。


  印鑑証明書の発行方法!


印鑑登録をした時に交付された印鑑登録証(印鑑登録カード)を、 役所に持って行くと、300円ほどで、印鑑証明書を発行してもらえます。

印鑑登録をしていない場合は、まず、印鑑登録をする必要があります。

印鑑登録の方法については、 印鑑登録(個人)とは!のページを見ると、わかります。

ところで、印鑑登録証が盗難に遭うと、大変です。

他者に、勝手に、印鑑証明書を作成される危険性があります。

印鑑登録証があれば、本人以外でも、 登録者の住所や、氏名、生年月日、世帯主氏名がわかれば、 印鑑証明書を発行してもらえます。

ですので、印鑑登録証は、盗難に遭わないよう管理する必要がありますし、 身分証明書や保険証などと一緒に保管しない方が良いです。


  印鑑証明書を使用する時!


不動産を売買する場合、中古車の個人間売買をする場合、 不動産を担保に融資を受ける場合、保険金を受領する場合、 法人の発起人・役員となる場合、公正証書を作成する場合、 保証人になる場合、遺産相続の場合などで、 印鑑証明書が必要となります。


ランキングバナー

Copyright (C) 2016 印鑑君こんにちは!〜印鑑通販ガイド〜, All rights reserved.