トップページ

タイトルバナー



 高級な印鑑!


高級な印鑑の印材には、白檀、チタン、天然石・貴石、琥珀などがありますので、 このページでは、それらを簡単に紹介しています。

【目次】
・白檀(びゃくだん)!
・チタン!
・天然石・貴石!
・琥珀(こはく)!
・その他!


  白檀(びゃくだん)!


白檀

白檀の産出国は、インド、インドネシア、オーストラリア、 ハワイ、フィジーなどの太平洋諸島です。

白檀は、爽やかで甘い香りのする香木です

また、白檀は、周りに特定の植物がないと生育しないという、変わった性質がありますので、 植林が大変難しいです。

また、インドでは、政府によって、白檀の伐採や輸出が規制されていますので、 入手が難しくなってきています。

ですので、白檀は、希少価値が高いです。

ですので、白檀印鑑は、 比較的高価です。

白檀印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。


  チタン!


四角2

ブラストチタン!


ブラストチタン

チタンは、人気の印材です。

また、チタンは、1971年に発見された金属です。

チタンは、宇宙工学や航空機などで使われています。

また、チタンは、ノンアレルギー素材ですので、 人工骨や心臓ペースメーカーとして使われています。

また、チタンは、耐久性が非常に高いですので、実印や銀行印にも、適しています。

チタンの中でも、人気なのが、ブラストチタンです

ブラストチタンとは、印材の表面が、ブラスト加工されているものです。

ブラスト加工とは、表面をザラザラさせる加工です。

ブラスト加工により、表面が、ツヤ消しの美しい質感になります。

ところで、チタンの印鑑を彫刻する場合は、 高性能な印鑑彫刻機を使う必要がありますし、 また、チタンの価格は、アルミニウムやステンレスの約10倍ほどと高いので、 チタン印鑑の価格は比較的高価です。

ブラストチタン印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。

四角2

ジュエリーチタン!


ジュエリーチタン

チタンの印材には、ラピスラズリ、アメジスト、ルビー、エメラルドなどの宝石・貴石を使った、 ジュエリーチタンがあります。

ハンコヤドットコムのサイトで販売されているジュエリーチタンに使われている宝石・貴石には、 下の図のように、多くの種類があります。

宝石・貴石の種類

また、ジュエリーチタンの中には、スワロフスキー社製のクリスタルガラスを使った、 スワロフスキーチタンがあります。

スワロフスキー社製のクリスタルガラスは、 高度なカット技術により、正確にスペクトルが出るようになっていて、 反射により、虹色に見える美しいクリスタルガラスです。

ハンコヤドットコムのサイトで販売されているジュエリーチタンのクリスタルガラスには、 下の図のように、ライトローズ、バイオレット、ヒヤシンスなどの種類があります。

クリスタルガラスの種類

ジュエリーチタンは、主にブラストチタンや宝石・貴石などが使われていますので、 価格が高いです。

ジュエリーチタン印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。


  天然石・貴石!


天然石・貴石の印鑑は、ローズクォーツ、アメジスト、シトリン、 タイガーアイ、ラピスラズリ、アベンチュリン、翡翠、メノウなどがありますが、 全般的に、価格がかなり高いです。

ローズクォーツ
ローズクォーツ印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。


アメジスト
アメジスト印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。


シトリン
シトリン印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。


タイガーアイ
タイガーアイ印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。


ラピスラズリ
ラピスラズリ印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。


アベンチュリン
アベンチュリン印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。


赤メノウ
メノウ印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。

四角2

翡翠(ひすい)!


翡翠

天然石・貴石の印鑑の中でも、翡翠の印鑑は特に価格が高いです。

翡翠は、ジェイドとも言われます。

翡翠は、半透明、不透明の石です。

翡翠は、緑色のものが価値が高いですが、多くの種類の色があります。

翡翠3

翡翠は、中国では、「玉(ぎょく)」と言われます。

翡翠は、2種類ありますが、1つは硬玉(ジェダイト)で、 もう1つが軟玉(ネフライト)です。

また、翡翠には、紫色をしたラベンダー翡翠と言われるものがあります。

ラベンダー翡翠

ラベンダー翡翠は、珍しい印材ですが、「平安堂」のサイトで販売されています。

ラベンダー翡翠2

「平安堂」のサイトで販売されている翡翠印鑑の価格は、10万円ほどします。

翡翠印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。


  琥珀(こはく)!


琥珀

琥珀は、数千万年以上前の樹木の樹脂が、 土砂などに埋もれて、化石となったものです。

樹脂に混ざった昆虫、花、葉などが、 琥珀の独特の模様を作り出しています。

琥珀2

また、琥珀は、「太陽の石」、「人魚の涙」とも言われます。

また、琥珀は、装飾品としても多く使われています。

また、琥珀の主な産出地は、北ヨーロッパのバルト海沿岸です。

ところで、天然の琥珀は、脆いですので、そのままだと印材としては相応しくありませんが、 人工の樹脂を混ぜることで、 印材として用いることが出来るような硬度の高いものとなります。

琥珀は、一般的に希少価値が高いので、 琥珀印鑑は、価格が高いです。

琥珀印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。


  その他!


四角2

河馬(かば)!


河馬

河馬は、とても大きな動物で、陸上の動物の中では、 象に次いで、2番目に大きい(重い)です。

大きな河馬だと、全長は、4メートルもあり、体重は3トンで、 高さは、1.7メートルもあります。

また、河馬の牙は、ワシントン条約の規制の対象になっていますので、 日本国内での流通量が少ないため、希少価値が高いですし、 また、河馬の印材は、河馬の牙1本から、1〜2本しか取れませんので、 河馬印鑑は、価格がとても高いです。

河馬印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。

四角2

マッコウクジラ(抹香鯨)!


マッコウクジラ

マッコウクジラは、体長が20メートルにもなる巨大なクジラです。

印鑑の材料になるのは、マッコウクジラの歯です。

また、マッコウクジラの歯は短いので、2つの印材を、金や銀で挟んで、 長くしているものがあります。

ところで、1986年に、国際捕鯨委員会(IWC)により、 商業捕鯨が禁止になりました。

しかし、調査捕鯨は許可されていますので、 マッコウクジラは、年間に、10頭だけ捕獲されています。

ですので、マッコウクジラの印材は、 日本で、あまり出回りませんので、 とても希少価値が高いです。

ですので、マッコウクジラ印鑑を販売している業者は、少ないですし、 マッコウクジラ印鑑は、とても高価で、1本が10万円以上する場合があります。

マッコウクジラ印鑑の詳しい説明は、こちらに書かれています。


ランキングバナー

Copyright (C) 2016 印鑑君こんにちは!〜印鑑通販ガイド〜, All rights reserved.