トップページ

タイトルバナー



 女性の印鑑の作り方!


女性の印鑑を作る場合は、印鑑に彫る名前を、フルネームにするのか苗字にするのか、 または、名にするのかを決めないといけませんし、印鑑の素材や、サイズなどを、決めないといけませんので、 このページでは、女性の印鑑に彫る名前や、女性の印鑑の素材や、 女性の印鑑のサイズなどについて説明しています。

【目次】
・女性の印鑑はいつ作れば良いのか!
・女性の印鑑に刻む名前(フルネーム、苗字、名)!
・女性の印鑑に刻む名前の方向!
・女性の印鑑の書体!
・女性の印鑑のサイズ!
・女性の印鑑の素材は!



  女性の印鑑はいつ作れば良いのか!


女性の印鑑はいつ作れば良いのか

四角2

実印!


実印は、不動産や車の購入や、遺産相続などで使う場合があります。

もしも、実印がないのに、 実印と印鑑証明(実印がないと発行できない)が必要になった場合は、 まず、実印を購入する必要があります。

それから、役所に行って、印鑑登録をする必要があります。

また、実印を購入する場合には、名前をフルネームにするのか、苗字にするのか、 名にするのかなど、考える事もあります。

ですので、実印の購入から、印鑑登録をして、印鑑証明を発行するまでには、 しばらくの期間がかかります。

ですので、成人の女性の場合は、実印と印鑑証明が、突然に必要になる場合に備えて、 実印をあらかじめ、用意しておいた方が良いと考えられます。

ですので、女性が実印を作るタイミングは、20歳くらいが良いと思います。

四角2

銀行印!


銀行印は、銀行の口座を開設する時に使いますので、 銀行の口座を開設したい時に購入したら良いという事になります。

銀行の口座を開設するのは、中学生くらいからが多いと思いますので、 女性が銀行印を作るタイミングは、13歳以降が良いと思います。

四角2

認印!


女性の場合に、認印は、契約書や申請書などで、使う場合があると思いますが、 契約書や申請書は、成人になってから作る場合が多いと思いますので、 女性が認印を作るタイミングは、20歳くらいが良いと思います。


  女性の印鑑に刻む名前(フルネーム、苗字、名)!


女性の印鑑に刻む名前

四角2

実印!


女性の実印は、男性の場合と違って、名前のみにする場合が多いです。

その理由は、未婚女性が、実印を、名のみにすると、結婚後も実印を変えずに済みます。

また、既婚女性が実印を、名のみにすると、再婚したとしても、実印を変えずに済みます。

ところで、女性が実印を買う場合は、ある印鑑の通販サイトでは、 フルネームの場合と名のみの場合が、半々だそうです。

四角2

銀行印!


女性の銀行印は、女性の実印と同じように、名のみにする場合があります。

その理由は、未婚女性が、銀行印を、名のみにすると、結婚後も銀行印を変えずに済みます。

また、既婚女性が銀行印を、名のみにすると、再婚したとしても、銀行印を変えずに済みます。

四角2

認印!


女性の認印は、通常は、苗字で作ります。

その理由ですが、認印は、回覧板や郵便物の受領印として使う場合がありますが、 その場合は、苗字だと、その家の住人であることを、はっきり示す事ができますし、 また、苗字の認印は、家族全員で、共用する事ができるからです。


  女性の印鑑に刻む名前の方向!


女性の印鑑に刻む名前の方向

名前を刻む方向は、縦か横かのどちらかですが、特に決まりはありませんので、 どちらでも、良いと思いますが、印鑑の用途や名前によって、 相応しい方向があります。

四角2

実印!


フルネームの場合は、通常は、縦書きになります。

印面の左側に縦に苗字を刻み、右側に縦に名前を刻みます(印影は右側が苗字で左側が名前)。

名前を刻む方向2

また、苗字や名の場合は、縦書きや横書きとなります。

また、女性が名で作る場合は、横書きが多いようです。

また、横書きの場合は、印面に、左から右に刻みます(印影は右から左になりますので、 「美咲」という名前の場合は、印影は「咲美」となります)。

名前を刻む方向3

横書きの場合に、日本の普通の文章は、左から右に書かれますが、 印鑑の場合は、反対で、横書きの場合は、印影は右から左になるのは、 昔の日本の慣習に習っている為です。

ところで、印鑑を横書きにすると、「田中」の場合だと、 印影が、「中田」になりますので、 「田中」なのか「中田」なのかわからなくなり、紛らわしいという意見もあります。

四角2

銀行印!


銀行印は、苗字を刻む場合と、名を刻む場合が多いですが、横書きの場合が多いです。

銀行印は、横書きの場合が多い理由は、印相学の影響があると考えられます。

印相学では、銀行印を縦書きにするのは、お金が上から下に落ちる、という良くない意味があるので、 銀行印は、横書きの方が良いとされています。

この考えを、インターネット上では、よく見ます。

ところで、横書きの場合は、印面に、左から右に刻みます。

四角2

認印!


認印は、通常は、苗字を刻みますが、縦書きとなります。

認印は、回覧板や郵便物の受領印で使う場合がありますが、 その場合は、誰の印鑑なのかを、はっきり示した方が良い、と先ほど書きましたが、 その場合に、横書きの印鑑だと、先ほどの例のように、 「田中」の印鑑の場合だと、「田中」なのか「中田」なのか、 分かりづらくなってしまいます。

ですので、認印は、縦書きが相応しいと考えられます。


  女性の印鑑の書体!


女性の印鑑の書体

四角2

初めに!


印鑑の書体には、篆書体(てんしょたい)、 印相体(いんそうたい)、隷書体(れいしょたい)、 古印体(こいんたい)、楷書体(かいしょたい)、 行書体(ぎょうしょたい)などがありますが、 印鑑の書体を選ぶ場合は、これらの書体の中のどれを使っても、 ルール上は、基本的には、問題がありません。

しかし、印鑑は、重要な場面で使う場合がありますので、 偽造されないようにする必要があります。

ですので、実印のような重要な印鑑は、偽造されにくい書体を使った方が良いです。

このように、印鑑は、用途によって、相応しい書体があります。

ですので、次から、印鑑の用途別に、 相応しい書体について説明します。

四角2

実印!


実印は、不動産や車の売買や、公正証書を作成する場合などのように、 重要な場面で使うものなので、偽造されにくい書体を選んだほうが良いと言われます。

ですので、実印は、可読性が低い書体を選んだら良いです。

可読性が低い書体には、篆書体、印相体があります。

しかし、印相体については、実印登録する時に、文字を判別出来なくて、 登録できない場合が、稀にあるそうですので、篆書体を選ぶと無難だと思います。

しかし、作った印鑑が実印登録できない場合に、彫り直してくれる通販サイト(お店)があるそうですので、 その通販サイト(お店)で作ってもらった場合は、大丈夫です。

四角2

銀行印!


銀行印は、銀行などの金融機関で、預金を引き落とす場合などのように、 お金に直接関わる重要な場面で使うものなので、実印の場合と同様に、 偽造されにくい書体を選んだほうが良いと言われます。

ですので、銀行印は、可読性が低い書体である篆書体、印相体を選んだら良いと思います。

四角2

認印!


認印は、回覧板や郵便物の受領印に使う場合がありますが、 その場合に使う印鑑は、名前が何と書かれているのかが、はっきりわかる方が良いです。

ですので、認印は、実印や銀行印とは違って、 可読性が高い書体の方が良いと言われます。

ですので、認印は、古印体、隷書体、楷書体、行書体などが良いと思います。


  女性の印鑑のサイズ!


四角2

実印!


実印(個人女)

実印の印鑑は、役所により、サイズが規定されていますので、
その範囲内のサイズ(多くの場合は、8mm以上、25mm以内)にする必要があります。

また、実印(女性)は、実印(男性)と違って、姓(苗字)だけ、または、名だけで作る場合が、 よくあります。

ですので、実印(女性)は、実印(男性)よりも、小さなサイズになる場合が多いです。

四角2

銀行印!


銀行印(個人女)

銀行印は、サイズが特に規定されていません。

また、銀行印は、姓(苗字)または、名だけで作る場合が多いです。

ですので、銀行印は、個人の印鑑の中では、刻む文字数が少ない方なので、 その分、小さなサイズになります。

四角2

認印!


認印(個人女)

認印は、サイズが特に規定されていません。

また、認印は、姓(苗字)だけで作る場合がほとんどです。

ですので、認印は、個人の印鑑の中では、刻む文字数が少ないので、 その分、小さなサイズになります。


  女性の印鑑の素材は!


印鑑の素材は、大きく分けると、木材、角、牙、金属、貴石、樹脂などがありますが、 その中で、女性におすすめの素材を紹介したいと思います。

四角2

木材!


柘

木材の素材は、木の色や木目が綺麗だと思いますし、 値段が平均的に安いので、 女性におすすめです。

四角2

角!


角

角の素材の中には、白い牛角があります。

白い素材は、綺麗だと思いますので、 白い牛角は、女性におすすめです。

四角2

金属!


ジュエリーチタン

金属の中で、チタンが印材としてよく使われますが、 チタンの中でも、ジュエリーチタンと言われるものがあります。

それは、チタンの印鑑のアタリに、貴石が使われているのですが、 綺麗だと思いますので、女性におすすめです。

四角2

貴石!


ローズクォーツ

貴石の印材には、ローズクォーツのように、 とても美しいものがありますので、 女性にとてもおすすめです。

しかし、貴石の印材は、欠けやすかったり、 印鑑登録が出来ない場合がありますので、 購入する場合は、注意が必要です。

四角2

樹脂!


琥珀

樹脂の素材には、琥珀(こはく)と言われるものがありますが、 半透明の中に、赤い模様があって、綺麗だと思いますので、 女性におすすめです。


ランキングバナー

Copyright (C) 2016 印鑑君こんにちは!〜印鑑通販ガイド〜, All rights reserved.